ブログ

ドラえもん映画感想

「映画ドラえもん のび太の宝島」観てきました!

結論から言うと、期待してたよりもすごく良かったです!

というか、あまり期待していませんでしたから。

藤子・F・不二雄の長編の原作がない作品は、あまり面白くないことが多いので・・。

(前作の「のび太の南極カチコチ大冒険」がそうだったように)

でも良い意味で裏切られました。

まず気付いたのが、キャラクターデザインの原点回帰です。

最近のキャラデザは黒目が大きく、今時の顔になっていましたが、今作では良い意味で昭和っぽい顔になってます。

他も色々ありますが、一番はこのセリフですね。

フィオナが死ぬ間際に、

「あの子たちには人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことができる、そんな大人に育ってほしい」

のような事を言うのですが、これはまさにアレです。

しずかちゃんパパの名言です。

「あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。

それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。」

という「のび太の結婚前夜」のセリフのオマージュですかねー。スバラシイ。

ストーリーも良かった!

歳取って涙腺が緩んできているからなのか、ウルっとくるポイントがいくつかあったし、倒すべき敵がはっきりしていたのでわかりやすかったですね。

映画特有の優しいジャイアン、スネ夫も全開でした。

「俺たちが敵を引き付けるからお前らは先に行け」ってベタなセリフだけど、ジャイアンが言うと泣けますね。

気になる点も少しはありましたが(個人的な意見ですが、あからさまにCG使ってるのがなんかドラえもんっぽくない)、全体を通して満足しました。

次作は月がテーマみたいなので、来年も楽しみにしてます。