一般歯科

一般歯科

むし歯治療

一般歯科
出来る限り削らない・痛くない治療を心掛けています。
ただし、ある程度むし歯が進んでしまうと自然に治ることはありません。その次に目指すのは、出来るだけ歯の神経を取らないようにすることです。歯の神経が有るのと無いのとでは、その歯の寿命にかなりの違いが出てしまいます。神経のない歯は枯れ木のようにもろくなり、壊れたり再度むし歯になったりする事がよくあります。

そこで、歯の神経をできるだけ残すことにより、歯の寿命を延ばす事にもなるのです。
かぶせ・つめ物料金表

歯周病治療

歯周病とは、歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)や歯石が原因で、歯を支えている骨が溶かされてしまう病気です。自覚症状が出にくく気付かないうちに進行してしまうことも多いので、注意が必要です。
基本的な治療は、歯科衛生士によるブラッシング指導と歯石除去です。これを徹底的に行っています。

予防歯科


元々治療の必要がない場合、もしくは治療が終了した場合、その状態を維持し、お口の健康をできるだけ長く保つために定期的にメインテナンスを行います。
メインテナンスでの来院のたびにむし歯と歯周病のチェックをし、治療が必要な箇所が見つかれば早期に対応するよう計画します。問題なければ、お口の中の清掃とブラッシング指導を行います。

また、むし歯予防のためには、歯科医院でフッ素を塗ることを推奨しております。
特に小さなお子さまの生えたての乳歯・永久歯は、歯の質が弱くむし歯になりやすいため、フッ素を塗ることで大きな予防効果を期待できます。

当院では、0歳児のお子さまからフッ素塗布を行っております。

ただし、フッ素による効果はあくまで補助的なものです。
むし歯予防には日常的な歯磨きが重要となりますので、歯科医院で正しい歯磨きを身に付けて、健康的なお口を目指しましょう!

歯のクリーニング(PMTC)について

日常的に歯磨きを十分に行っていたとしても、歯ブラシだけでは全体の50~60%しか汚れを落とせていないと言われています。歯ブラシの届きにくい場所ではプラークが蓄積し、バイオフィルムという塊になります。バイオフィルムは歯の表面にこびりつくため、歯ブラシではなかなか除去できなくなってしまいます。
このような汚れを除去するのが歯のクリーニング(PMTC)です。むし歯や歯周病を予防するだけでなく、歯の着色や汚れを落とすことにより歯本来の白さに近づけることができます。
当院では、定期的にクリーニングを行うことを推奨しております。

おすすめの歯ブラシについて


みなさんは、歯ブラシはどう選んでいますか?
薬局に行くとたくさん売られているので迷いますよね。
「安いし・・・これでいいや!」と、お口に合っていない歯ブラシを使うと、汚れが落ちず、虫歯や歯周病になりやすくなるだけでなく、歯が削れてしまう可能性もあります。

風邪の症状に合わせてお薬を選ぶように、歯ブラシも選んでみませんか?

当医院では、GCのルシェロ歯ブラシをオススメしております。
ルシェロ歯ブラシは毛の硬さだけでなく、植毛デザインや柄の長さなどの種類が豊富ですので、患者さん一人ひとりの口腔内の状態にあった歯ブラシを「処方」することができます。

虫歯になりやすい方、歯周病が気になる方、混合歯列期(乳歯と永久歯が両方ある時期)でなかなかブラッシングが行き届かないお子様など・・・あなたのお口に合った歯ブラシを当院の歯科衛生士か選ばせていただきますので、お気軽にご相談ください。



歯科口腔外科治療

口腔外科とは、例えば「親しらずの抜歯」がその代表です。個人医院で可能な小手術を行っております。