ブログ
当院は予約制です。お気軽にご予約下さい。

「ドラゴンクエスト YOUR STORY」感想(少しネタバレあります)

こんにちは、院長の西木戸です。

ドラクエの映画観てきました!


ドラクエⅤを元にしているということで、子供の頃にスーファミでプレイしたのを思い出しながら観ました。

しかし、これは賛否両論あるだろうな、という感想です😱特にクライマックスシーンの展開が!

実際ゲーマーから酷評されているらしいです。それぞれ自分の思い出と重ね合わせながら映画を観たはずなので、観る前に抱いてたイメージとかけ離れていると、なかには批判的な感想を持ってしまう人もいるでしょうね。

僕はというと、判断に迷っています。ただ、サブタイトルの「YOUR STORY」ってそういう意味か!と最後に妙に納得してしまいました。

物語の導入部分がスーファミのゲーム画面だったり、子供時代の展開が飛び飛びですごく速かったりしたのも、そういう演出なのか、映画化に当たっての仕方のない事なのか、と考えながら観ていましたが、その理由もクライマックスシーンの中で明らかになります。

この映画を観る前の期待値として、僕が子供の頃にドラクエⅤをプレイした時は結婚相手にビアンカを選んだので、映画ではビアンカとフローラのどちらを選ぶことになるのかということや、戦闘シーンや呪文などがどのように表現されるのか、などを楽しみにしていましたが、それらについては期待通りだったと思います。

「結局ビアンカを選ぶんかーい」とも思いましたが、心の中ではビアンカを選んでくれて安心してしまう、という複雑な感情になりましたしね。

男子は特に幼馴染みキャラに弱いんでしょうねー。

話を戻すと、ある程度ゲームのシナリオに忠実に、映画の話として成立させていれば無難な評価は得られたんだろうけど、総監督の山崎貴さんとしてはそれでは納得できなかったんでしょうね。そもそも映画化の話を引き受けたきっかけが、ラストシーンの「あるアイデア」を思いついてしまったから、とのこと。「あるアイデア」っていうのが、ラスボスのミルドラースと、スラりんの正体なんでしょうねー。

うーん・・・これはこれでドラクエの一つの答えなんでしょう!そう考えることにします。

ていうか皆さんも自分で観て判断して下さい!!

それにしても、久し振りにドラクエⅤをプレイしたくなりましたね。スマホ版を購入しようかな。

山崎監督は今年、「ルパン三世」の3DCG映画も公開されるみたいです。

もうこうなったら国民的アニメ全て山崎監督に任せましょう!

ルパンの次はサザエさん行きましょう!